忘れられない美味しさに出会える、伊太利亜的料理店、ブチ・ボッケーノ。

はじめまして!
神戸在住のジュエリードローイング作家、
Ms.Soul (ミズ・ソウル)です。
時々こちらのブログにおじゃますることになりました。
どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

記念すべき第1回目は、
ちょっとゴージャスにボリュームたっぷりで行きますね!
初めての食レポなのでドキドキです(^^;)

王子動物園で、愛らしいパンダちゃん達を堪能したあとに
カップルやファミリーに是非お立ち寄りいただきたい、
阪急王子公園西口から15秒の、
伊太利亜的料理店 ブチ・ボッケーノ。

幼少のころから手先が器用だったオーナーシェフのアラキヨウジさんは、
20代の頃、阪神大震災の傷跡生々しい復興の殺伐とした日々を送っていたある日、
たまには少し贅沢をしてリラックスしようと、
営業を開始していた元町のイタリア料理店で
当時の職場の同僚と石窯焼きピザを初めて食べた時、
衝撃の旋律が走ったそうです。
この世にこんな美味しいものがあるのか、と!
そして退職を決意、イタリア料理店ニョッキで10年余りの修業を経て、
2008年12月にこのブチ・ボッケーノを開店されました。

お店のネーミング、「ブチ・ボッケーノ」の由来は?
イタリア語?の何かの意味?と思い伺ってみましたら…

オーナーシェフ アラキヨウジさんのお里、山口県の言葉、
「ブチ=すごい」、
トンボ玉作家の奥様 藤井浩子さんのお里、岡山県の言葉、
「ボッケーノ=すごい」、
ふたつの「すごい」方言をミックスした「ブチ・ボッケーノ」だったのです。
これはもうネーミング大賞ですね(*^^*)b

このお店のおススメポイントは、
シェフの丁寧な手仕事によって生まれる、お値段以上のコクのある深い味わい。
そこそこいまいちなお味のお安いお店は沢山ありますが、
ブチ・ボッケーノのメニューは、比較的お安いにもかかわらず、
どれを取っても一口食べるとお口の中に広がる芳醇な味わい。
器用なシェフの下ごしらえの賜物、一流ホテルさながらの満足感なのです。
季節に合わせた旬の食材を活かしたその時にしか出会えないメニューも多く、
いつ行っても楽しませてくれる飽きのこないレストランです。

リーズナブルなボトルワインもあるので、女子会や歓送迎会などのイベント、ファミリーのバースディ等で何人かでお越しになられるとよりリーズナブルに、この満足感タップリの美味しいメニューが贅沢に沢山いただけるんです(*^^*)
なのでイベントのご予約もお待ちいたしております♪

お店のメニューの中でも、ボリューム&プチプライスで満足感タップリのものをいくつかご紹介いたします。

「サルトゥー ディ・リゾ」300円(税込)
ナポリ風リゾットのオーブン焼きです。
この美味しさで300円っていいのでしょうか?
このメニューは定番ではなく今期はもう終了だそうですが、
次回はライスコロッケ150円(税込)を計画中だそうです。なので、
常時プチプラゾーンのメニューがラインナップに隠れております(*^^*)

フワッと柔らかな胸肉、丁寧な下味の香ばしさがたまらない、
「播州鶏の胸肉のピカタ」750円(税込)
バルサミコとシーザーのソースが心地よい酸味を与えてくれます。
ベビーリーフとご一緒に(^^♪


こちらは写真撮る前にかじちゃってごめんなさい(^^;)
「スフォリアテッレ」250円(税込)
何層もの生地の重なり合いで作られた贅沢な焼き菓子。
これをいただける場所はかなり少ないそうです(^^♪


あまりに美味しくてデザート2連発!
かぼちゃのプリンよりまろやかな口当たり〜?
「濃厚なさつまいものプリン」350円(税込)
ああ美味しかった(^^♪
ということで翌日のランチにもおじゃましてみました。
では、「パスタのランチコース」1300円(税込)
前菜から。

右は自家製のパン。左のプレートは前菜アラカルト、
☆イタリア風オムレツ フリッタータ
☆さつまいものスフォルトマート(ムース)
☆自家製スモークベーコン
☆スモークジャガイモのサラダ
☆鶏とかぼちゃのマヨネーズ和え
☆レンズ豆のトマト煮
☆パングラタン
そしてパスタ。

具だくさんの野菜スープパスタ 生ハムなどのかくし味のうまみがギュッと詰まったお味です!

そしてデザート(^^♪

香り高い石窯焙煎コーヒーとデザートプレート
☆ココナッツのジェラートとチュイール
☆自家製ビスコッティ
☆アーモンドのケーキ
☆紅茶のムース
☆りんごのコンポート
季節のミントソースを添えて

これで1300円ですよー?
どれをとっても丁寧なお仕事による深い味わい。(思わず聞いちゃう採算とれてますか?!)
ホテルのランチでもこんなに満足感高くないですね(^^;)
もう是非是非いらしてみてくださいませ!
お越しくださったあなたに至福の時間をお約束いたします♪



数々の雑誌などの取材も受けているオーナーシェフ、アラキヨウジさん。
こちらの雑誌は日経BPムックの「パンにもおいしいレストランガイド2016」より。

語学も堪能なバイトのイケメンくん、彼に会えるのは社会人になっちゃう春まで!

ブチ・ボッケーノ

住所:兵庫県神戸市灘区王子町1丁目2-8
電話:078-767-0945
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜21:30 ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日 (月に何日かお休み頂きます)
席数:20席  (20人以下の貸し切り可)
駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)
Facebook:
https://www.facebook.com/pages/ブチ-ボッケーノ/157406014272223

アラキヨウジ様 スタッフのみなさま
ご協力ありがとうございました(^^♪

こんな感じでとりとめなく綴っていこうと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします(^^♪

Ms.Soul (ミズ・ソウル)
http://ms-soul.littleblues.jp/
神戸在住ジュエリーデザイナー、イラストレーター、ミュージシャン。
デジタル以前から宝石のデザインを行い、高く評価される。
現在は独立して神戸の街を楽しみつつ、大好きなイラストと音楽に囲まれる毎日を送っている。

関連記事

  1. 誰もが一度は立ち寄ってみたくなる、岡本2LDKアパートメント、マザーミーツ喫茶店。

  2. 阪神御影のもうひとつの我が家、いぬふぐり。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA